標識・標示の種類と意味

道路はみんなのものです。このような言葉をどこかで聞かれたことがあるでしょう。その通りであり、道路は公共のインフラとして利用されているものです。ですから利用する立場の方全員がルールやマナーをしっかりと守り、お互いが気持ち良く通行できるように配慮する事が求められるのです。
道路を通行する上では、様々なルールが存在することはみなさんもご存知のことでしょう。そのルールに対して、ドライバーとなる方が従って通行していただけるように道路上に設置してある標識というものがあります。もしこれがなかったとしたら、道路上では様々なドライバーの考え方が混在することで色々な車の動きが出てくるようにもなり、大混乱を引き起こす事が考えられるのです。ですからとても重要な役割を果している設置物と考えられます。
道路上にはこのようなものが数多くあります。それをドライバーは車を走らせながら一瞬で見て判断にまで結びつけなければならないのです。それができないと、ルールに従った走行ができないということになるのです。ですから、表示されている内容も分かりやすい表記となっています。その中で一つだけ、左折可という意味があるのですが、これは表示板として分類されるものとなっているのです。ただその内容に従って通行することに変わりはありません。

pet01_l

 

 
ガリバー中古車.net
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check