補助標識

2014.4.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

道路上には無数の標識が設置されてあります。車を運転するドライバーに取りましては、この標識を見ながら運転することが義務ともなっていることです。まだ車を運転されていない方からしますと、その数の多さにビックリするのではないでしょうか。標識の意味はしっかりと理解しておかなければなりません。知らなかったでは済まされないのです。その標識の意味に従わずに通行してしまいますと、違反ということで処罰されることとなります。標識は走行しながら見て行くものですので、絶対に見落とすことなく注意しておかなければならないのです。
その標識のすぐ下側に、小さい、横に細長いような説明書きが書かれてあるものを見かけるのでは無いでしょうか。実はこれも立派な標識なのです。ただの説明文ではないのです。これは補助標識というものになります。これに対しまして一般的な標識は本標識と呼ばれるものです。本標識は記号や数字等で大きくわかりやすいように書かれています。しかしその表記だけでは、その場所において守って欲しい事項を上手く表現できないことも多くあるのです。その意味の不足分を補うのがこの小さい標識の役割となります。最大積載量を表すものや時間、または矢印を使用して範囲を指定する意味もあったりするのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。