警戒標識

2014.4.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

道路標識のひとつである警戒標識とは、道路やまたは沿道にある、運転を行う上で危険となる事柄あるいは注意すべき状態などを事前に示すことで、運転者に対して注意をうながしたり、速度を落とすなどの対策を取らせることを目的としています。各道路管理者によって設置されていますので、おおまかに国道に設置されている場合は国土交通省によって管理や設置が行われていますし、主要地方道や一般県道などは、その道路がある都道府県あるいは政令指定都市によって、管理や設置が行われています。おもな形としては、四角形で黄色の地色に黒色で描かれいる標識です。さまざまな種類がありますが、よく見かけるものとしては、「学校、幼稚園ん、保育園等あり」の標識で、子どもが絵柄になっています。この標識をを見かけたら子どもが多く通行する道路であるということなので、子どもの飛び出しなどに注意を払う必要があります。また意外に気が付きにくい標識としては、幅員減少があります。これは道幅が急に狭くなることを示しています。よく似た標識に車線数減少の標識がありますので区別して注意することが必要です。これ以外にも動物の飛び出し注意などを呼びかけた標識もあります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。