規制標識

2014.4.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

規制標識は、何らかの行動を禁止、もしくは規制する道路標識のことです。標識は道路交通法に基づいて各都道府県の公安委員会が設置しています。標識の模様は、禁止事項については白地の上に赤色の縁取りがあり、青色で字や絵が描かれています。指定事項については青地の上に、白色で字や絵が描かれています。禁止・規制の標識は補助標識を伴ったものも多くあり、このような場合は特定の区間、時間帯、車種等を対象に禁止・規制する内容の標識となります。
禁止・規制を示す標識には、一方通行になっている箇所の出口などに設置され、車両がその方向から道路に進入することを禁じる「車両進入禁止」や、特定の場所に設置され、道路の右側にある施設へ入るために横断することを禁じる「車両横断禁止」、矢印で示されている方向以外に進行出来ないことを示す「指定方向外進行禁止」などがあります。
なお、禁止・規制を示す標識に「右折禁止」や「左折禁止」を示す標識はありません。右折や左折の禁止は「指定方向外進行禁止」の標識を使って示されます。「車両横断禁止」の標識は、一見すると右折の禁止を示しているように見えますが、右折後に対向車線を横切って道路に面した施設に進入することを禁止しているものです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。