規制標示

2014.4.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

規制標示には多くの物があり、間違えやすいものも多くあります。例えば立入禁止部分と安全地帯、導流帯と停止禁止部分は勘違いしやすくどれが、どのような意味をするのかわかりづらいものが多くあります。例えば、導流帯と言われるものは道幅を意図的に狭くする意味で作られています。これは路駐する自動車を少なくするために作られているので、この上で停止したり、走行したりしても全く問題ありません。他にも停止禁止部分と呼ばれる物はここでの停止は禁止されています。例え、渋滞や赤信号による停止でもここでは避けなくてはなりません。この標示がしてあるところは主に警察署や消防署などの緊急車両の出入りする入口に設置されていることがほとんどです。これは停止はできませんが、この上を走行することは問題ありません。しかし、他の2つに関しては停止とこの標示の上での走行は完全に禁止されています。しかも例外がなく、例え止むをない事態であっても禁止されているので、注意が必要です。ただし、安全地帯に関しては基本的に路面電車の停留所になっていることが多いのでよほどこの上を通ろうという方はいないと考えられますが、立入禁止部分に関しては交差点近くにも標示されていることが多いので注意してください。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。