ペイントや道路鋲などによって路面に示された線や記号、文字

2014.4.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

道路上には様々なドライバーに対するサインとなるものがあります。その多くは道路標識によって知らされているものなのですが、それ以外にもあることをみなさんはお気づきでしょうか。そうです、道路に書かれてある色々な物がそれに該当するのです。
道路には様々な模様や記号みたいなものが書かれてあります。これらをまとめて道路標示というように言います。これはただ単に書かれてあるのではなく、道路交通法に記してあるルールを記述しているものとなります。ですからドライバーは特にこの内容に従って運転する必要があるのです。もしこれらのことを軽く考えていたとしたら、それは相当まずいことをしていると考えても良いでしょう。結局はルールに従って走行していないものとなりますから、違反と言うことで処罰の対象にもなりますし、それ以前に知らず知らずのうちに危険な運転にもなっている可能性があるのです。
道路上に書かれてあるものに含まれる意味としましては、禁止事項等を含む規制を表すものが多くあったりするのです。禁止事項となりますと、もしそのルールを守らなかった場合には安全の保証がなされないということになります。一つ一つの意味をしっかりと理解した上で、安全運転をするよう心がけて下さい。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。